思わぬ落とし穴にご用心!好条件の不動産

定年退職後の住処

定年退職した後は、住む家によって人生が大きく変わるでしょう。

不況が続く日本では定年退職した後が不安な人が多数を占める。
不安定な年金もどうなるかわからない。

今後の日本を考えると、老後の生活に変化が必要なのは明白である。

第一にお金に困って、大切な家を売却しなきゃいけない事態は避けたいところ。

そこで、定年後に住みたい家を考えてみた。
理想を言うと、1Fを信用できる人に安い値段で貸し出して、2Fで生活したいものだ。
安い値段で貸すのであれば感謝され、信用できる人であれば、生活する上でもさまざまなメリットが生まれる。

1Fを貸し出すのが無理な場合は、老後でも収入を得るための環境を整えた家にしたい。
ボケ防止にもなるはずだ。

大儲けしなくても、安定した収入を得られるように先行投資として店舗を構え、各種代理店的な商売に使ってもいい。
インターネットを併用したショップを準備するのもいい。

とにかく、なにかしら収入源を確保できる環境にある家に住みたいと思う。

定年後に決まった収入を見込めるのであれば、精神的に相当楽になるのは確実だ。