思わぬ落とし穴にご用心!好条件の不動産

誰にとってもあこがれること

やっぱりマイホームを持つのは、誰にとってもあこがれることだと思います。

特に、一軒家・一戸建てを手に入れるというのは、本当に嬉しいことですしわくわくします。

そんなときに、建売一戸建てを選ぶ基準というのが出てくると思います。

私の場合は、建売ならではの強みというのを、じっくり観察しました。

まず、欲しいと思うような条件の建売一戸建てを何軒も回って、その内部を観察します。

キッチンの配置や水周りの様子、導線を確認。特に、建売の場合は、そのままその建っているものが基準になりますから、屋根の勾配や自分との身長で見たところの使い勝手のよさなどがすぐに確認できるのが、いいところだと思っています。

そうやってみると、割と「この高さの棚は、備え付けでも手が届きづらくて使いにくそう」だとか、図面を見ただけでは実感しにくいこともわかるのでとても参考になります。

そうして検討した結果、一番自分にとって欠点の少ない物件というのが、私が購入を決めた条件になりました。