思わぬ落とし穴にご用心!好条件の不動産

土地や住宅購入は大冒険

住宅、土地といった不動産を購入するのは、命がけと言っても過言ではないほどの大冒険だ。
何十年もせっせと働いて、ようやく返せる額なのだから。

我が家は、ローンとしてはおそらく最長の35年での返済計画になっている。
35年ですよ、35年。
考えただけでも気が遠くなりそうな年月です。
給料日もボーナスが出た日も、嬉しさをかみしめるのは一瞬で、その次の瞬間には、ローン返済のことが頭をよぎる。

月々の返済額も、なかなか大きい。その分生活費を削って捻出するわけだが、そうやって必死に返済を続けても、元金はなかなか減らない。

ほとんどが利息なのだ。銀行からの返済計画の表のようなものが送られてくると、ため息しか出ない。

そんな中、金利の固定3年が過ぎ、それと同時に繰り上げ返済を試みた。
ウン百万円をごっそり返済した。
その際、繰り上げ返済後は月々の返済額を減らすか、それとも返済額はそのままで返済期間を減らすかが選択できたのだが、私たち夫婦は返済額を減らす方を選択した。

しかし、後々良く考えてみると、後者の方が絶対に利口な選択だったことに気がついた。
月々の生活は苦しいままでも、実質返済する額はこちらの方が減るのだ。
が、時すでに遅し…。
次の繰り上げ返済時まで、これで我慢するしかない。また、繰り上げ返済のために、せっせと貯金するしかない。

知らないと、損をすることが多いのがローン。
良く考えて決めないと、どうしようもなく後悔することにもなる。
そんなことを思い知らされた繰り上げ返済となった。